リンクスは 英国の光学機器メーカー、ヴィジョン・エンジニアリング社が長年培ったダイナスコープ技術を採用した、 最新の検査装置です。

目視検査や精密作業、 アッセンブリー、 はんだ付け作業、 ポリッシングや仕上げ作業に最適です。

■リンクスの特徴

光学系 視野角 26.4°(固定)
視点自由度 前後方向 70mm、 上下方向 10mm
ズーム比 6.6:1
総合倍率 640 倍(アクセサリーの併用により最大 120 倍)
スタンド コラムから光軸までの距離 150mm(ベンチスタンド)、 400mm(ブームマウント)
照明

反射照明(LED)

透過照明(ベンチスタンド用)

LED照明装置(×0.3、×0.5、×0.7、×1、×1.5、×2用)

アクセサリ 対物レンズ各種、 倍率器各種、 傾斜ビューイング(ミラーの回転機構付)、 俯視覚変更アダプタ
フローティングステージ 100mm×100mm、 カメラアダプター(CCTV 用、35mm カメラ用、ポラロイド用)
重量 4.7kg(ヘッド部)、 6.5kg(スタンド部)
形式 対物レンズ倍率 総合倍率 倍率器×1.5 倍(C-040)併用 倍率器×2.0 倍(C-041)併用 作動距離 視野
最大ズーム時
視野
最小ズーム時
C-050 ×0.3 ×1.8×12 ×2.7×18 ×3.6×24 312mm 12mm 77mm
C-055 ×0.5 ×3.0×20 ×4.5×30 ×6.0×40 175mm 7mm 46mm
C-051 ×0.7 ×4.2×28 ×6.3×42 ×8.4×56 127mm 5mm 33mm
C-052 ×1.0 ×6.0×40 ×9.0×60 ×12×80 85mm 3.5mm 24mm
C-053 ×1.5 ×9.0×60 ×13.5×90 ×18×120 45mm 2.5mm 16mm
C-054 ×2.0 ×12×80 ×18×120 25mm 1.75mm 12mm

リンクスステレオダイナスコープは、 各種ユニットの組み合わせにより構成されます。 詳細については、 お問い合わせください。