海上に設置する灯標・浮標などの航路標識は、 国際的な決まり(IALA 浮標式)があり、 形状・塗色・灯色・灯質などによって、 その標識が設置されている固有の意味を示しています。

形状を示すためには、 円筒・円錐・球型の形状の中から、 それぞれの標識意味に適合するものを頭標として上部の見えやすい箇所に取付けることになっています。

■特徴

浮標式 頭標各種
種別 灯浮標 色形状 寸法 形式
側面標識 左舷標識 600mm × 460mm 円筒 I× 1
分岐点標識
右航路優先
右舷標識 600mm × 760mm 円錐 I× 1
(頂点上向)
分岐点標識
左航路優先
方位標識 北方位標識 500mm × 700mm 円錐 IIIN× 2
(頂点上向)
東方位標識 円錐 IIIE× 2
(底面対向)
南方位標識 円錐 IIIS× 2
(頂点下向)
西方位標識 円錐 IIIW× 2
(頂点対向)
孤立障害標識 500mm × 500mm III× 2
安全水域標識 600mm × 600mm I× 1